CFD取引と他の取引との違い

CFD取引には様々なメリットがありますが、それらを今まで行われてきた投資法と比べてみるとどうでしょうか。 ここでは、CFD取引と、他の取引との違いについてみていきたいと思います。

まずは株式の現物取引とCFD取引との違いです。 現物株の売買取引を行う場合、取引が可能となるのは、あらかじめ証券会社の取引口座に入金している資金額を超えない範囲の額面での取引です。 預け入れている資金を越える売買取引は、株式の現物取引においては認められていません。

それに対し、CFD取引では、FX取引と同様にレバレッジをきかせた売買取引を行うことが可能です。 証券会社の取引口座に入金している自己資金が少額であっても、レバレッジをきかせることにより、大きな資金を必要とする金融商品への投資が可能となっています。

また、現物の株の売買取引は、まずはじめに株式を購入してからの取引開始となるのが一般的です。 一方CFD取引はどうかというと、空売りによる売り注文から取引をはじめることができ、市場の動向に対して柔軟な運用戦略を立てることができます。

海外への投資においても、市場が違う場合にはそれぞれ証券口座を開設しなければならず、投資する国の通貨も所持しなければならない現物株取引に対し、CFD取引はひとつの証券口座で一括して管理することができ、円建てによる外国株への投資も可能です。 為替リスクについては現物株の取引もCFD取引も同様ですが、投資の利便性からすれば、CFD取引の方が勝っているといえるでしょう。

しかし、両者を比較して現物株の取引の方が有利といえる点もあります。 CFD取引ではレバレッジをきかせて大きな取引を行うことが可能ですが、もしも投資した商品の価額が下落してしまった場合には、自己資金以上の大きな損失を負うことになる可能性がないとはいえません。 現物株の場合には、自己資金の枠内での取引しか認められていないので、損失を負う場合にも投資額を上回ることはありません。 また、実際に株式を購入し証券を保有する現物株取引では株主優待を受けることができますが、CFD取引は原資を保有せずに取引を行う為、配当金の受取りはできますが、株主優待の対象とはなりません。

さらにもうひとつ両者の違いを挙げるとすると、得た利益を申告する際の利便性です。 現物株の取引で上場銘柄に投資している場合、特定口座を開設しての取引の場合には確定申告は不要です。 通常の取引口座であっても、簡単な手続きで申告することができます。 それに対しCFD取引では、FX取引と同様に雑所得の扱いとなるので、株取引と比べると申告の手続きなどが面倒になります。

このように現物株の取引とCFD取引との違いをみてみると、両者でメリットといえる点もあればデメリットとなる点もあります。 個々の投資条件に合わせて、有利と思われる方を選ぶ必要があるといえるでしょう。

次に、CFD取引と性質が似通っているFX投資との違いをみていきます。

両者の一番大きな違いは、投資対象が異なる点です。
FX取引では、様々な国の通貨に投資をし、外国為替の差益で収益を得る投資法になりますが、CFD取引では、商品先物や債券、株価指数、現物株など、様々な金融商品を投資対象として資産運用することができます。 FX取引は為替の相場の上下動が収益を左右するのに対し、CFD取引では、それぞれの投資対象の市場での価額の上下動が収益を左右するという点が両者の違いです。

証券会社に預け入れた証拠金を元に、レバレッジをきかせた投資を行うことができるという点は、どちらの取引法も同じです。 また、収益に対する課税も、FX取引とCFD取引は同じです。 年間で20万円を越える収益を得た場合には、雑所得扱いで確定申告をし、所定の税金を支払う必要があります。

←前ページ:市場の動向に柔軟に対応可能
→次ページ:取引時間は?