個別銘柄のカラ売りをするメリット

株取引を行う際には、「カラ売り(空売り)」という信用取引のうちのひとつを利用して売買取引を行うことができます。 現物株の売買取引においては、原則としてまず株を購入し、実際に自身が保有している株式を売却することになっています。

しかし、明らかに今後値が下がるであろうということが想定される銘柄の場合、自身がその株式を購入し、証券を保有していなくても、取引口座を開設している証券会社から当該銘柄の株の証券を借りる形をとって売り注文を出して売却することができます。
そして、予想とおりに株価が値下がりしたところで再びその銘柄に買い注文を出して買い戻し、発生した差額を利益として得ることができるのです。

これがカラ売りの仕組みです。

通常の株取引では、購入した株式の価額が購入時よりも上がると、その差額が利益となりますが、カラ売りのシステムを利用することで、価額が下がった場合にも利益を得る機会ができることになり、資産を増やすチャンスが2倍になるということになります。 しかし、現物株の売買取引でカラ売りを利用する場合には、信用取引を行う為の口座を別に開設する必要があります。

また、取引口座を持っているユーザーであれば誰でも利用できるということでもなく、所定の審査を通過しなければなりません。 取引口座に預ける資金額にも定めがあり、借りた証券を弁済(買い戻して返却すること)するまでの期間も決められています。 さらに弁済するまでの期間は、各証券会社があらかじめ定めた利率で貸株料が日割で発生するなど、現物株の信用取引は色々と決め事が多いのです。

それに対し、同様にカラ売りを行うことができるCFD取引ではどうでしょうか。

CFD取引でカラ売りを行う場合には、現物株の取引のように信用取引の専用口座を設ける必要はありません。 また、現物株の信用売り(カラ売り)は6ヶ月以内に弁済しなければならないという定めがありますが、CFD取引でカラ売りをした場合には弁済期限というものは設定されていません。 つまり、現物株の信用取引によるカラ売りの利便性を高め、簡単に利用できるようにしたものがCFD取引のカラ売りというイメージになるかと思います。

さらにCFD取引では、取引回数の制限もありません。 現物株の売買取引には、法の規制などが絡み取引に様々な制限が加えられていますが、CFD取引では、何度でも自由に売買取引を行うことができます。 そうした点から、CFD取引は、流動性、機動性に優れた投資法であるといえるでしょう。

←前ページ:手数料や為替はどうなる?
→次ページ:特徴をつかんで利益を着実に