CFD取引とは?

「CFD取引」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

日本ではまだまだなじみの少ないものですので、耳にしたことがないという方の割合の方が多いかもしれません。 しかし世界的な視野でみれば、CFD取引は決してマイナーなものではなく、投資法のひとつとしてしっかりと基盤を確立したメジャーな取引法なのです。

CFD取引はオアセアニア地域やヨーロッパで特に人気の高い投資法です。
その中で、活発にCFD取引が行われている国のひとつとして挙げられるのはロンドンです。 ロンドンの株式市場では、2000年からCFD取引が採用されていますが、今では売買取引が行われている金融商品のおよそ3割を占めているといわれています。

そんなCFD取引とは、一体どんな投資法なのでしょうか。

CFDというのは、「Contract for Difference」の頭文字をとったものです。
日本語に直していうなら、「差金決済取引」となります。 元々は「エクイティスワップ」と呼ばれていたもので、機関投資家など巨額な資金を持つ投資家の間のみで取引が行われていました。

「スワップ」という言葉が出てきたので、ピンとくる方もいらっしゃるでしょうが、CFD取引は、日本で人気の高い投資法のひとつとしてよく知られているFX取引と形態がよく似ている証拠金取引のひとつなのです。
「証拠金取引」とは、証券会社などに証拠金として一定の金額を預け、それを元手として資産運用を行うものです。

CFD取引で資産を大きく増やすポイントは、FXと同様にレバレッジです。
債券や株式などの有価証券、先物などの金融商品を投資対象として、原資を保有しない状態で原資産取引と同様の売買取引を行い、売買の際の差益を得る取引法になります。 投資なので元本の保証はありませんが、証拠金に対するレバレッジのきかせ方次第で、大きく資産を増やすことも可能なのです。

世界では、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリスなどの先進国をはじめとし、既に70ヶ国を超える国で活発にCFD取引が行われています。

FX取引の人気が高い日本においても、今後CFD取引の市場もどんどんと拡大していくことが予想されています。 CFD取引は、ひとつの取引口座を開設するだけで、世界の市場を視野に入れたスケールの大きな資産運用ができる投資法です。

グローバルでパワフルな取引がしたいという投資家の方には、CFD取引はオススメの投資法といえるでしょう。

→次ページ:CFDの取引形態